2011年7月 8日 (金)

ワクチンと散髪。

息子、水曜日に肺炎球菌ワクチンをうってきました。
前回に引き続き、一瞬ギャーっと泣き、あとはスーンとして、エブエブとおしゃべりした後、おっぱい飲みつつ、グーっと眠り終了しました。げんこつ山のたぬきさんだ。

副作用もなく、暑い部屋で1日グーグー寝て過ごしました。

来週は来週で3種混合〓この調子で頑張っていただきたい。

話しは変わりますが、息子は最近汗疹に悩まされています。器用に後頭部をボリボリ掻いています。そのことを医者に相談したら、「髪を切ってあげて」と言われました。うちの息子は、生まれたときから髪がモジャモジャでして、今も延び続け、頭のてっぺんの髪がビョンビョン立っていました。生後3ヶ月未満で床屋に行くのも、なんだか怖いしなあと。つーことで初散髪しました。母、ドキドキです。

ベビーバスチェアに座らせて、赤ちゃん用のすきカミソリでジョリジョリ。襟足と横の髪を薄くしました。頭のてっぺんは面白いし汗疹関係なかったので残し。パイナップル息子(笑)。

ベビー用のすきカミソリを使うと、結構簡単にあぶなくなく切れました。

赤ちゃんははじめてがいっぱいだなあ。こうやって成長していくのね。

つか、こんなに早く髪切ることになるとは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

胃が痛かったのです。

今週末、大切な友人の結婚式があり、オットと一緒に参列します。

息子はというと、まだ式場でいい子にしていられる年齢ではないため、姑に1日預けていくことになりました。その練習として、何時間か姑やオットに預けて出かけてみたり、私が結婚式から帰ってくる夜10時くらいにお風呂に入れてみたりと練習をしてきました。偉いもので、トクに問題なくすごしてくれています。本当にえらい。というか、母がいることがそれほど重要ではないらしく、欲求を満たすことができればOKというカンジです。まだ2ヶ月ちょっとですからね。なもんで、この月年齢に外出っては有る意味ベストなのかもしれません。人見知りが始まったり、夜鳴きしたりすると返って大変なのかも。


それなのに、私・・・心配でしょうがないのです・・・


家の人たちはは家事の一切を女手に任せています。なもんで、私がいない状況で、姑は家事をこなし孫を見なければならないわけです。何かあったらどうしようとか、ほおっておかれないだろうか、姑の心労はたえないだろうなとか。

要は・・・かなり都合が悪いわけです。

でも大切な友人の結婚式なので、二次会の途中まで参加させていただきます。これは一生に一度だからね・・・。

でもね・・・


ふー。


というわけで、胃痛の原因は多分これです。

結婚式が終わったら治る・・・と思う・・・。


何はともあれ、思いっきり祝ってきます!!


息子、頑張れ

つーか、私、頑張れ(笑)。


スピーチ、かためとかなきゃな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

ワクチンスケジュール。

ワクチンスケジュール。
昨日湿疹を再度見てもらい、肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチン接種可能か否かのジャッチをもらいに小児科へ行ってきました。

幸い湿疹はだいぶ良くなっていたので、接種オッケーに。

その他のワクチンも、これからドヤドヤと接種していかなければならないので、早速今日できるものをやることに。


息子、初めてのワクチン接種。


はじめて記念日〓

その成長におめでとう〓

ムーニー

(笑)。

ヒブワクチン接種!!

私と看護師に押さえられる息子。その様子に異常を感じたのか泣き顔になり、声をあげはじめましたが、医者はためらいなくブスっと注射しました。息子は顔をクチャっとさせて泣き出すものの、看護師さんに抱き上げられてすぐに泣き止みました。刺されて痛かったというよりは押さえられて辛かったという感じ。後は診察室にあったオルゴールを聴かせられたらすぐに機嫌よく「エブー」と話しだしました。

副作用も出ることなく、なんら変わらない1日を送りました。家族に「すごいなー、頑張ったなあ」と誉められ、何がぁ?まいっかー〓と、ドヤ顔と笑顔を見せ、夜八時半にはもう夢の中でした。

来月から肺炎球菌、BCG、三種混合と、一週間ごとににやっていく予定ですが、この調子で耐えてくれればいいのですが…。


医者「これから私の顔を見るたびに泣き出すようになるよ(笑)。」


まあ現実はこれでしょうね。


写真:「へっちゃらだぜ」とドヤ顔の息子。病気の畳部屋にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

にかげつでしゅ。

にかげつでしゅ。
息子が2ヶ月になりました。

お陰様ですくすくすくすく育っています。

買い物に行くと、見た目と月齢のギャップに驚かれます。

現在身体67センチ、体重6700グラム。身長が高い分体重もある。他の赤ちゃんと比べると、5ヶ月くらいの子と一緒の大きさ(笑)。本当にすくすくです。


そんな彼ですが、最近喃語を話すようになりました。アー、ウーエー、エブーと毎日元気に話します。笑顔も出てきました。そして彼のブームは、こぶしを口に押し込めることです。入れすぎてオエってなります。
首も強くなってきました。もうすでに立て抱きしないと不機嫌になったりします。

すくすくです。


2ヶ月でこんなに育つとは…


赤ちゃんって成長早いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

乳児湿疹でヒトモンチャク。

生後三週間ごろから、乳児湿疹が出てきた息子。肌はガッサガサなのにどっか油っぽい。頭は黄色いフケと浸出液。背中はブッツブツと、可哀想なことになっておりました。

 出産した病院で行った一ヶ月検診で、ロコイド軟膏というステロイド入りの軟膏を処方されて塗布してたら、さすがステロイド!塗布して1日で肌がほぼキレーに。

 「ステロイドは副作用が怖くて使わせたくない」というお母さんたちが結構います。それを否定するわけではありませんが、副作用全員に出るわけではありません。期間にもよりますが出来ない場合が多数派です。出現する頻度・でき方・出来るまでの期間は個人差があります。 で、使い方を間違わなければ、危険度はもっと少ない・・・とのことです。

 私は危険度が少ない、起こるか起こらないかわからない副作用を恐れて使わないというよりは、「痒くなって眠れなくなったりストレスを溜め込むほうが辛かろう。使って様子をみたい」という考え方です。自分のこどもに対してひどいとか思った方、すんません。

 で、一ヶ月検診でもらった軟膏が今月のはじめに無くなり、 今度は近くの小児科医院を受診して軟膏をもらおうと通院したところ、

「お風呂に入ったとき、石鹸やガーゼを使わないで優しくなでるようにして洗ったら、ワセリンを塗っておけば、きれいになります」

と言われました。

 
 ???

はたしてこれで治るのか?

 疑問に思ったのでネットで調べちゃったのですが、どこにも石鹸を使わないで~なんてのは無く、ちょっと不信感が。

 でもとりあえずは実行しました。

 二日間で、すでに息子はブツブツになり、油っぽくなりました。これはイカンと、二日に1回はベビー石鹸を使って洗いましたが、やはり悪化。「出し切ってしまえばよくなるよ」と、オットは言いますが、やはり可哀想・・・。

 そうしているうちにかゆみが出てきたのか、目やおでこをこする息子。
 今日の朝に顔面三箇所に若干の出血。


 はい。

 もう通院決定!!

 もちろん違う小児科にゴー。

 ということで今日通院してきました。

 
 待っている間、問診を看護師に事情を話しました。完全母乳ですか?と聞かれ、一週間前から母乳のみでやっていることを話しました。
 そしたら看護師が「母乳に問題があります!お母さんの食べているものをチェックしていかなければなりません!!」といいました。唖然とする私。それはごもっともだろうけど、経緯をちゃんと聞かないでアナタが診断することかよと。

私「いや、でも母乳だけにする前から湿疹は出ていたし、スキンケアの方法を変えてから悪化したんですが・・・」

看護師「小さいことからコツコツと、段々と原因を見つけていかないといけません!!それが母親の責任です!!」

 なめんな。

 こちとら腐っても看護師じゃ。これがアレルギーか否かの判断くらいは出来るつもりじゃ。

 この月例でアレルギー判断して、それこそヘタの薬を塗ったところで治るとでも言うのか!!アレルギーだアトピーだのの診断は3ヶ月以上過ぎてからおっしゃって!!(現在2ヶ月未満の我が子)まずは乳児湿疹を疑えよ!

 そしてまずは医者の診断と処方をよこせ、こら!!


 と、頭の中でヤクザな私が叫びましたが、「そうですか」とだけ言って、とりあえずこの看護師の言葉は右から左へ受け流しました。


 で、やっとお医者さん登場。

 優しそうなおばあちゃん先生。乙羽信子に似ている。(以下 信子先生とする。写真参照)


Images

信子先生「乳児湿疹だわね」

ホレ見たことか!!

看護師「でも先生?食べたものを記録していかなきゃだわね?」

信子先生「いらないよそんなの。まずは軟膏出しておくね」

信子先生、ありがとう。


しかしその後も看護師は、信子先生が話しているのに、大きい声で違うことを話し始めたりして、ものすごく邪魔をしてきました。

この病院、信子先生はとってもいいのに・・・。今度この人が診察補助につかないことを祈ります。

しかし、信子先生から「あなた看護師さんよね?今育児休暇中なの?」と質問が出ると、急にこの看護師が「え?」という顔をして黙りました。

似非看護師の私ですが、なぜかちょっとスカっとしたのは気のせいでしょうか。

軟膏は、弱めのステロイド剤とアズノールという軟膏の混合。目の荒れには眼軟膏が出ました。

ちなみに。、スキンケアは、やはり、かならずベビー用石鹸を使って体を洗うようにとのこと。ただし、ガーゼやスポンジは使わず、優しく泡で洗うようにとのこと。今の時期に石鹸を使わないというのは、代謝が良い赤ちゃんにとってはよくないことだそうで。その後でワセリンを使って保湿することは良いことだそうで。

 
 しかし、あの看護師の言ったとおり、アトピーだアレルギーだのが起こってくる可能性は今後ありうるわけです。軽く見ているわけではないのですが、今分からないことをあーだこーだ言ってたら、きっとツライ。そうなったらそうなったで、親も子も対処していくだけです。


 とりあえず、毎日毎日我が子の変化をマジマジと見ていくしかないし。それが一番だろなと思うわけで。

でも・・・きっとそうなったらあわてるし、落胆しちゃうんだろうな・・・。

 

乱文すんません。

医師が診断する前に診断を突きつけて患者に不安をあおるような看護師にはなるまいとの思いで、若干興奮しながら日記に記しました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

すくすく。

すくすく。
誕生から今週で1ヶ月が経とうとしています。先週床上げし、赤ちゃんの世話に加え、大人の世話も加わり(飯作り、洗濯)ました。

大人の飯は、時間通りに食卓に並べなければならず、赤ちゃんはそれとは関係なく、お腹が空いたら泣くわけです。我が子は偉いもんで、どんなにバタバタと台所で母ちゃんが準備してても、静かに1人でハイローチェアでジタバタして遊んでくれてます。大人も箸を持ってテーブルでおとなしくしてますがねっ( -_-)

で、私が飯を食いだすと「ニャー!!!」
と泣き出す我が子(笑)。

うっかり昼飯を麺にすると、あやしたり、ミルクやったりと時間がかかるため、のびます…。

それでも今はオットが昼休み少しの時間帰ってきて我が子をみてくれてるので助かっています。


ガチャガチャと1ヶ月、それでも我が子は順調に育ってくれて、現在体重は5キロになりました。毎日元気に足をビョンビョン、目をキョロキョロ、手をブンブンしています。

カッコ悪くたって、頭がパッパラ〜だっていいから、どうか病気だけはしないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

退院してました。

先週金曜日、やっと退院しました。

二週間ちかくの入院生活。入院当日はなんの変哲もない妊婦が、退院したら産じょく婦。なんかうける。


さて、帰ってきてから当たり前ですが育児のみに奮闘しています。家事は洗濯だけ(私と息子のだけ)して、後は姑さんにおまかせ中。出産してから三週間は万年床です。

オムツかえて〜
おっぱいあげて〜
寝る〜

(ジャロの仕事は〜♪風に)

つか三週間たったらこれに家事が加わるのか…。大丈夫なのか、わたし…。


さて、息子の様子ですが、とても元気です。いまおっぱいを飲む練習中。というのも、保育器にいた時間が長かったせいか、哺乳ビンに慣れてしまって、なかなか乳首を受け入れません。そして最大の理由…、私の乳首が短い…。

2人して泣きながら練習してます…。

飲みたい気持ち、飲ませたい気持ちはお互いにあるので、何とかなるとは思うのですが^ロ^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

一緒に。

一緒に。
やっと今日から一緒の部屋です。習うより慣れろです。

退院明日でしたが、母子同室をもう少しやってから退院となりました。

頑張るわよ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

鯉のぼり。

鯉のぼり。
鯉のぼり。
病棟ロビーの窓から鯉のぼりがぶらさがってるのが見えました。

たくましく育てよ、幸太郎!

思わず手を合わせる母です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

というわけで。

というわけで。
長くなりましたが、こんな感じで無事産まれました。

家族の支えと病院スタッフさんがいたから、彼は生まれてこれたのだと思います。

そして応援してくださった方々が心の支えになりました。

これから親子共々よろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«現在のわたくし。